6カ国からのポリスチレン、不当廉売課税も

インド政府が、米国や中東、アジアなどの6カ国・地域から輸入されるポリスチレン(スチロール樹脂)に反ダンピング(不当廉売)関税を課す可能性が浮上している。PTI通信が15日伝えた。 商工省傘下の貿易救済総局(DGTR)が国内のポリスチレン業者からの申し立てを受けて…

関連国・地域: 台湾マレーシアシンガポールインド米国中東
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤルが工場停止、13日から4日間(14:53)

テイクオフ:インドで新型コロナ感染…(05/13)

4月の乗用車販売26万台 前月比で10%減、第2波打撃(05/13)

4月の二輪販売、100万台を下回る(05/13)

ピアジオ、100日間で全国に100店舗を設置(05/13)

産業用ドローンのACSL、インドで合弁(05/13)

鉱山建機業界、21年は20%成長=ICRA(05/13)

CPI上昇率、4月は4.3%(05/13)

3月の鉱工業生産指数、22.4%上昇(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン