過半数「時短やシフトで出社」 緩和後の勤務態勢、日系企業調査

新型コロナ対策で導入した「大規模な社会的制限(PSBB)」を、6月に入り段階的に解除しているインドネシア。新規感染者の抑制にはまだ遠い一方で、経済活動が再開される中、日系企業はどう対応しているのだろうか。NNAが6月上旬に駐在員を対象に実施した調査によると、半…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではもうすぐお盆。…(08/05)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

テイクオフ:コロナ禍でこれまでの習…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

日用品各社、上期は業績悪化 PSBBで需要減、輸出も不振(08/05)

ダイハツ、8月の生産台数は前月の4倍へ(08/05)

ナンバー規制、交通量・電車乗客に変動なし(08/05)

バタン工業団地の10年無償化も検討、産業相(08/05)

プルタミナ、マハカム鉱区に3基の掘削装置(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン