• 印刷する

コロナのAI診断システム、台湾から輸出

台湾で開発された新型コロナウイルス感染症の診断補助システムが、国際社会から注目を集めている。このシステムは人工知能(AI)の分析を利用した胸部X線検査で、AIの研究開発(R&D)を手掛ける台湾人工智慧実験室(台湾AIラボ)と台湾衛生福利部(衛生省)が共同開発。既に欧米の政府や企業から使用申請を受けている。3日付自由時報などが伝えた。

この補助システムは、AIによるX線画像の分析を通じ、PCR検査で感染が確認できる数日前の段階から感染の可能性を診断することができる。台湾大学医学院附設医院(台大医院)の専門チームによる診察を組み合わせることで、診断の確度は89%に上るという。

海外からは、英国や欧州連合(EU)、米フェイスブックが使用を申請。海外には無料で提供する。

域内では5月末までに台大医院や台北医学大学附設医院(北医附医)など医療機関4カ所以上から使用の申請があった。

行政院(内閣)の陳其邁副院長(副首相)は3月、台湾AIラボや行政院資通安全処、衛生福利部疾病管制署(疾管署)、同部中央健康保険署(健保署)、台大医院、北医附医などの関係者を集めて会議を開催。医療機関の肺炎診断能力の引き上げを目的に、AIを利用した診断補助システムの開発に向けて話し合いを行っていた。

台湾AIラボは、米マイクロソフト(MS)のAI部門でアジア太平洋地区研究総監を務めた杜奕瑾氏が2017年に設立した。


関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 医療・医薬品IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

五福旅行社、従業員2割をリストラへ(12:26)

新型コロナ感染者、448人に(15:13)

テイクオフ:こちらでもパチリ、あち…(07/02)

スマホゲーム市場が拡大 今年20億米ドルか、中国が存在感(07/02)

群創とコーニング、車載用パネル生産で提携(07/02)

富士康、ベトナム工場の宿舎建設か(07/02)

可成の20年売上高、過去最高の1千億元超へ(07/02)

碩禾電子が致嘉科技を合併、事業多角化へ(07/02)

TSMC、工場に自動搬入搬送システム(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン