【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、東南アジアでも企業の事業環境が大きく変化しようとしている。コロナと共生する「ウィズコロナ」時代には、各産業でデジタル化が進むほか、現地人材の活用が重要になるとの声も出ている。経営コンサルティング会社、経営共創基盤(IGPI…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(09:20)

在宅勤務基本・店内飲食禁止、16日から(09:19)

新規感染52人、市中は24人(14日)(05/14)

1~3月の企業景況感、大幅に改善(05/14)

シングテル、米子会社不振で多額の特損計上(05/14)

STエンジとテマセク、貨物機リースで提携(05/14)

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(05/14)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン