アンコール遺跡の旅行客、1~5月は6割減

カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群(北西部シエムレアプ州)を1~5月に訪れた外国人旅行客は、前年同期比64%減の38万6,093人だった。クメール・タイムズ(電子版)が2日に伝えた。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月中旬から入国規制を実施していることが影響し…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

中国開発銀、アクレダ銀に1.3億ドル融資(07/14)

正月の振り替え時期、来月17~21日に(07/14)

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

上期インフレ率2.5%、原油下落などが影響(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン