• 印刷する

西村あさひ、地場法律事務所と提携

西村あさひ法律事務所のシンガポール事務所は1日、同国のベイフロント法律事務所との提携ライセンスを取得したと発表した。シンガポールでのサービス提供基盤を拡充し、東南アジアで操業する日系企業の支援体制を強化するのが狙いだ。

ベイフロントと共同で、フォーマル・ロー・アライアンス(FLA)免許を取得した。FLAとは、シンガポールの法律事務所と外国籍の法律事務所が、組織としてはそれぞれ独立したままで、オフィスや各種リソース、顧客情報などを共有することを可能にするライセンスだ。

日系法律事務所として同様のライセンスを取得し、事業を開始するのは初めて。「西村あさひ―ベイフロント・ロー・アライアンス」の名称で1日から業務を開始した。

年内をめどに2者のオフィスも統合する。新オフィスは、中心部タンジョンパガーに開設。西村あさひの弁護士12人、ベイフロントの弁護士12人の計24人が常駐する。

シンガポールをはじめとする東南アジアで事業を展開する日系企業に法務サービスを提供していく。向こう3年を目安に、西村あさひのシンガポール事務所とベイフロントそれぞれの売上高を現在の1.5~2倍とするのが目標だ。

西村あさひのシンガポール事務所の代表弁護士、山中政人氏は、「今後はアライアンスを通じて、シンガポール法のサービス提供が可能になる」と説明した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

不動産業界、コロナ禍で上半期の業績悪化(15:34)

経済成長率、初の2桁マイナス コロナ禍で約11年ぶり景気後退(14:26)

テイクオフ:来月9日は、シンガポー…(07/14)

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(07/14)

躍進の労働者党、他野党と共闘へ(07/14)

外国人12人を強制退去、感染対策違反で(07/14)

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(07/14)

シンガポール航空、定期便の運航本数拡大(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン