• 印刷する

19年小売ランキング、セントラルが5位転落

英調査会社ユーロモニターが発表した2019年のベトナム小売業ランキングで、タイ流通大手セントラル・グループが前年の3位から5位に転落した。上位は変わらず、テーゾイ・ジードン投資(モバイル・ワールド・インベストメント)が首位、ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)が2位で、10位にイオンが入った。26日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が伝えた。

ランキングは、19年のオンラインと店頭販売の推定値に基づくもの。3位に地場コングロマリット(複合企業)のベトナム投資グループ(ビングループ)が、4位にIT最大手FPTが浮上し、セントラルは外資系トップを維持した。

セントラルの19年の販売高は6億8,400万米ドル(約736億円)、18年の7億2,800万米ドルから6%減少した。同社にとってベトナムは、海外市場最大の投資先となっており、大型スーパー「ビッグC」をはじめ、全国40省市に133店舗(19年9月末時点)を展開する。

このほか、モバイル・ワールドの販売高は前年比43%増の55億5,400万米ドル、サイゴンコープ(6%減の13億5,900万米ドル)、ビングループ(13%増の8億500万米ドル)、FPT(7%増の7億5,900万米ドル)などとなった。


関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

富裕層の増加率、世界2位に シンプルなミニマリストが理想に(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

航空燃油の環境税、年末まで30%減額(07/16)

承認前の運航計画、航空券の販売を禁止(07/16)

FLC、タンホアンミンと戦略提携(07/16)

ハノイの新オフィスビル、第3四半期に開業(07/16)

アンザン省で1.2兆ドンの新都市開発が着工(07/16)

鉄鋼にセーフガード、フィリピンに除外要請(07/16)

電力料金の減額2.9億ドルに、救済措置で(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン