4月スーパー売上高4.5%減、営業自粛響く

【共同】日本チェーンストア協会が21日発表した4月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比4.5%減となり、3カ月ぶりに前年実績を下回った。食料品は3月に続き「巣ごもり消費」を追い風に好調だったが、政府の緊急事態宣言を受けて一部の企業で衣料品や家具の販売フロ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】イオンモール、DX推進へ 回復目前に2波、年内新店は維持(08/12)

テイクオフ:コロナ下での就職活動で…(08/12)

NTT減収減益、4~6月期(08/12)

ソフトバンクG最高益に、1.2兆円(08/12)

中国版LINE禁止に衝撃、米企業に影響も(08/12)

トヨタ、7月の販売28%減の5307台(08/12)

高額納税企業を表彰、キリン合弁など(08/12)

香港から輸出「中国製」に、米が貿易で同一扱い(08/12)

ホンダ、7月の二輪販売6%減の19.6万台(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン