• 印刷する

イオンマレーシア、1Qは77%減益

イオンマレーシアが20日発表した2020年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比1.3%減の11億9,087万リンギ(約295億円)、純利益が77.1%減の747万リンギだった。税引き前利益は54.4%減の2,537万リンギ。3月18日から始まった新型コロナウイルス封じ込めのための活動制限令の影響が出た。

事業別売上高は、小売り部門が0.9%減の10億2,187万リンギ、不動産管理部門が3.6%減の1億6,900万リンギだった。

小売り部門は、食品だけでなく衣料や家電などをそろえる総合スーパー(GMS)が活動制限令下で操業が認められる「必須サービス」に入らず、営業できなかったことが響いた。不動産管理部門は、同令で必須サービスと認められなかったテナントが休業を余儀なくされ、手数料収入が減少した。

本年の見通しについては、活動制限令の期間中は中核事業が中断したものの、コストの圧縮や、顧客の安全、従業員の福利厚生向上などでそれぞれ対策を講じたことで事業の回復力を維持したとし、今後の巻き返しに期待を示した。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「これからは5G(第5…(04/20)

首都にデータセンター開設へ マイクロソフト、デジタル化支援(04/20)

スタディスト、テマセク系などから資金調達(04/20)

ワクチン計画第2期開始、初日は1万人に接種(04/20)

医療従事者の感染例、ワクチンで10分の1に(04/20)

国際的なワクチン接種証明書を=民間病院協会(04/20)

新規感染2078人、2千人台続く(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン