現時点で有効性評価せず、アビガン研究で藤田医大

【共同】新型コロナウイルス治療薬候補アビガンの多施設共同臨床研究で明確な有効性が示されていないとの報道に関し、臨床研究の代表研究機関となっている藤田医大(愛知県)の土井洋平教授らが20日、ウェブ上で記者会見し、厚生労働省に報告された中間解析は研究続行の可否を判断…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(18:25)

CIPと華城電機、台中港に発電機組立工場(12:01)

日本政府、豪NZの渡航中止勧告引き下げへ(17:48)

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

ANAの成田―プノンペン線、11月も運休(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

8月のメーカー別車輸出、10社中7社が減(09/30)

日本企業に地方政府が熱視線 博覧会開催、各地にモデル区(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン