• 印刷する

オフィスもマスク不要、通気と距離確保で

中国疾病予防コントロールセンターの馮録召研究員は17日、風通しが良くソーシャルディスタンス(社会的距離)が確保されていれば、オフィスや会議室でもマスクを外して構わないとの見解を示した。同日開かれた国務院(中央政府)の会見で述べた。

馮氏は、公共の場でマスクを着用しなくてもよい条件について「風通しが良く、安全なソーシャルディスタンスが確保されていることが原則」と説明。この条件に当てはまる屋外の公園や人の少ない路上、運動場などのほか、新規の感染がしばらく報告されていない「低リスク地域」のオフィスや会議室、建設現場、学校もマスクを着用する必要はないとした。

マスクを着けて体育の授業に参加した学生が突然死する事故が相次いだことを踏まえ、「激しい運動をする際にはマスクを着けてはならない」とも強調。逆にマスクを着けるべき状況については◇交通機関、エレベーターなど密閉された公共の場◇病気の時◇病院を訪れる時――の3点を特に指摘した。

馮氏はまた、ビジネスマンらが出張する際の注意事項として◇飛行機や鉄道の中ではマスクを外さず、機内、車内での食事をできるだけ避ける◇出張時の会食は参加人数、食事時間をなるべく減らし、会場の風通しに注意して可能なら屋外の環境を選び、料理を取り分ける際には専用の箸を使う◇出張時に発熱やせきなどの自覚症状が出た場合は、現地の医療機関を受診する――などを挙げた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財新サービス業PMI、6月は10年来で最高(07/03)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/03)

中小銀の資本金に専項債、地方政府に認可(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

1~5月のサービス貿易、15%減の1.9兆元(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン