シカゴ穀物、14日は大豆続落

【ニューヨーク共同】14日のシカゴ穀物市場は大豆が続落した。米国産地の豊作観測から売り注文が広がった。 トウモロコシは米国産地の良好な天候が相場を圧迫し、おおむね下げた。小麦は世界的な供給増加への警戒感から売られる一方、空売りの買い戻しも入り、主要限月が小幅まち…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

【日韓対立】不買運動、双方に傷残す 輸出管理の厳格化から1年(下)(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

地域別の新規バイク登録台数(20年6月)(07/08)

三井物産、GTキャピタルと中古車事業参入(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

6月の外国人入国は279人、前年比99.7%減(07/08)

駅開発丸ごと売り込み、インフラ輸出計画を改定(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン