日系部品企業の受注減も、航空機大手の大幅赤字

【共同】米航空機大手ボーイングと欧州大手エアバスが発表した2020年1~3月期決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でいずれも大幅な赤字となった。両社は生産削減など合理化策を相次ぎ打ち出し、部品を供給する三菱重工業やIHIなどは受注減少を懸念している。素材メーカ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

マルハン銀、全面デジタル化の新店舗を開業(07/09)

日本ペイントがPPEに参入 コロナで商機、第2弾発売も計画(07/09)

日本食材、タイ輸出が15%減 コロナ禍で飲食店需要など縮小(07/09)

伊藤忠がファミマにTOB、JAも出資(07/09)

東京センチュリー、車サブスクで新サービス(07/09)

イオンが539億円の赤字、3~5月期(07/09)

トヨタ現法、モビリティ部門設置(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

日本の対韓輸出18%減 11年ぶり低水準(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン