• 印刷する

エアアジア、マスク着用しない乗客拒否へ

マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジア・グループは27日、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を受け、新たな搭乗規定を導入したと発表した。乗客には、搭乗手続きから機内、預け荷物の受け取りまでマスクの着用を義務付け、従わない場合は搭乗を拒否する。

エアアジアはまた、機内持ち込みができる手荷物を重量5キログラムまでの1個と規定。サイズは40センチメートル×30センチ×10センチ以内。これまでは2個以下で合計7キロまで認めていたが、搭乗前後の乗客同士の社会的距離を取りやすくするための措置という。

このほか、搭乗ゲートなどの各所で乗客の検温を実施。また、チェックインカウンターなど乗客が列を作る場所には床に目印のテープを貼り社会的距離を維持できるようにする。客室乗務員は、マスクや手袋などの個人防護具を着用するという。

エアアジアは、29日から各国の国内線の運航を再開する。マレーシアを皮切りに、5月1日からタイとフィリピン、4日からインド、7日からインドネシアでそれぞれ再開する予定だ。


関連国・地域: タイマレーシアインドネシアフィリピンインド
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(2日)(07/03)

MM2Hの新規申請、6月末から9割超却下(07/03)

外資の工業用地所有権、ヌ州が条件付き許可(07/03)

建設ガムダ、ペナン交通整備計画で州と契約(07/03)

失業者雇用する企業への優遇、申請受付開始(07/03)

6月の製造業PMIは51.0、V字回復の兆し(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン