• 印刷する

ダイハツ、1~3月の小売り台数は3.9万台

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は15日、1~3月の新車販売台数(小売りベース)が3万9,186台だったと発表した。市場シェアは17.9%。

車種別の販売台数は、政府推奨の低燃費小型車「ローコスト・グリーンカー(LCGC)」適合車で、7人乗りのエントリー多目的車(MPV)「シグラ」が販売台数全体の29.4%を占め、最多だった。これに、小型商用車「グランマックス」のピックアップモデル(PU)が20.0%、中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「テリオス」が15.9%で続いた。

1~3月の卸売り販売台数は4万8,113台、シェアは20.3%だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

有料化で消費3分の1に減少 首都、7月からレジ袋禁止(下)(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

新規感染者数2657人、西ジャワでクラスター(07/10)

ダイハツ、1~6月の小売台数5.3万台(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

労相、中国人労働者500人の入国で国会説明(07/10)

ライオンエア元従業員、解雇補償求めデモへ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン