• 印刷する

テイクオフ:全土封鎖が5月3日まで…

全土封鎖が5月3日まで延長されたインド。3月25日の開始からすでに3週間がたつ。スーパーへ行くために外へ出ると、食べ物を求めてあたりをうろつく動物を見かけることがあり、胸が痛む。

観光地に住み着いている猿は特に苦しい状況といえる。彼らは普段、観光客に頼り切った暮らしをしているため、自然の中で食べ物を得る能力を失ってしまった。タージマハルをはじめ全国の観光スポットが閉鎖されているいま、猿たちはサバイバルに迫られ、街や村へ移動しているという。

街の中では、猿だけでなく犬や猫、牛なども食べ物を探している。こうした動物から身を守るとともに、動物を助けるために玄関先や道路に残飯を置く人たちがいる。また、政府や心ある人々が動物にえさやりをする動きも生まれ始めている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国系の59種類のアプ…(07/13)

タイヤ大手が業績悪化 需要減で各社コスト削減に努力(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

タイヤ原料大手、チェンナイで新工場建設(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

メルセデスの販売、上期は3千台に半減(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

ホンダ二輪、オンライン予約を開始(07/13)

日立ABB、機関車用変圧器12億ルピー受注(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン