• 印刷する

職場の閉鎖違反は事業認可剥奪も=首都知事

通勤電車のボゴール駅は通勤者で混雑した=13日(アンタラ通信)

通勤電車のボゴール駅は通勤者で混雑した=13日(アンタラ通信)

インドネシアの首都ジャカルタ特別州のアニス知事は13日夜、「大規模な社会的制限(PSBB)」で職場の閉鎖対象分野となっているにもかかわらず、職場で従業員を働かせている企業に対する処罰を厳格化する方針を明らかにした。事業認可の取り消しも検討している。

アニス知事は、PSBBを発動後初めての就業日となった13日に、ジャカルタの企業に出勤する人は少なくなかったと指摘。「在宅勤務などに切り替えず、職場で働かせている企業がまだ多い。違反し続ける企業があれば事業認可を取り消す可能性もある。そのような事態にならないと願いたい」と述べた。

国営アンタラ通信によると、13日は首都圏の通勤電車の複数駅で混雑が発生した。通勤電車を運行するクレタ・コミューター・インドネシア(KCI)は、西ジャワ州のボゴール駅、ボジョン・グデ駅、中央ジャカルタのマンガライ駅発の電車計5本を急きょ増発した。

ジャカルタは10日にPSBBを発動。新型コロナウイルスの感染防止策の一環として、職場での就労を制限している。民間企業は、(1)保健(2)食料、食品、飲料(3)エネルギー(4)通信・情報技術(5)金融(6)物流(7)ホテル(8)建設(9)戦略産業(10)基礎的サービス、公共便益、国の最重要施設や特定の施設に関する産業(11)生活必需品――の11分野が職場の閉鎖対象から除外されている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

有料化で消費3分の1に減少 首都、7月からレジ袋禁止(下)(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

新規感染者数2657人、西ジャワでクラスター(07/10)

ダイハツ、1~6月の小売台数5.3万台(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

労相、中国人労働者500人の入国で国会説明(07/10)

ライオンエア元従業員、解雇補償求めデモへ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン