上海の外資投資案件、1Qは4.5%増

上海市政府は8日、第1四半期(1~3月)の外資企業による投資額は46億6,900万米ドル(約5,086億5,500万円)で、前年同期から4.5%増加したと明らかにした。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で先行きに不透明感が残るものの、外資企業の中国への投資意欲は衰えていないとア…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/09)

広州日本商工会がチャーター便 成田―広州、160人がきょう到着(07/10)

メーカー経営者もライブ通販、コロナ後急増(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

6月CPIは2.5%上昇、食品上がる(07/10)

地方債の発行額、1~6月は3.5億元(07/10)

労相、中国人労働者500人の入国で国会説明(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン