北京・雄安間の都市間鉄道、年末全線開通へ

北京市と河北省保定市の新興開発地域、雄安新区を結ぶ都市間鉄道「京雄城際鉄路」が、年末にも全線開通する見通しだ。建設工事は既に全面的に再開され、9月下旬から全線で開通に向けたテストが始まる予定という。6日付北京商報(電子版)が伝えた。 中国の国鉄運営を担う中国国…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

9月の製造業PMI、0.5P上昇の51.5(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新型コロナ感染者、515人に(10/01)

牛肉の中国向け輸出、政府が準備に本腰(10/02)

テイクオフ:ほぼ漢字だけが並ぶメニ…(10/02)

中国でコンビニ倍増へ、30万店に(10/02)

レアアース中国依存低減へ、米大統領令(10/02)

プロトンの新SUV、発売前に予約4千台超(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン