北京・雄安間の都市間鉄道、年末全線開通へ

北京市と河北省保定市の新興開発地域、雄安新区を結ぶ都市間鉄道「京雄城際鉄路」が、年末にも全線開通する見通しだ。建設工事は既に全面的に再開され、9月下旬から全線で開通に向けたテストが始まる予定という。6日付北京商報(電子版)が伝えた。 中国の国鉄運営を担う中国国…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国では5月20日が「…(05/25)

経済成長目標示さず、全人代 政策は雇用優先、積極財政も(05/25)

VICの中国連携で豪米断絶も 米国務長官が警告(05/25)

英、5G中国製品の活用撤回か(05/25)

今年の財政赤字3.76兆元、前年から1兆元増(05/25)

米ブラックリストに33社追加、奇虎360など(05/25)

中国が豪石炭輸入中止か、鉄鉱石は通関免除(05/25)

元太が2工場の生産能力増強、8億元で(05/25)

株価5%以上急落、資金流出懸念も浮上(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン