新型コロナ対策で鉱山閉鎖、ダム建設も中止

ラオスのエネルギー・鉱業省は5日、鉱山の一時閉鎖と水力発電ダムの建設事業の中断を定める通達を発布した。中部サイソムブン県で金・銅鉱山を運営するプービア・マイニングで働くパプアニューギニア人の男性が同日、新型コロナウイルスに感染していることが分かったため。地元各…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

北西部サイニャブリ県、豪雨で洪水被害(08/05)

チャーター機の運航許可、政府が一時停止に(08/04)

国内の貧困率、18~19年は18.3%に低下(08/04)

中老鉄路、線路の敷設21.4%が完了(08/04)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長、3.3~3.6%に下方修正 第151回(08/04)

3700人以上がデング熱に感染、9人死亡(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン