エネ業界、封鎖で不可抗力条項を相次ぎ発動

インドのエネルギー業界で、「不可抗力条項(フォースマジュール)」の発動が相次いでいる。新型コロナウイルス対策の全土封鎖で、燃料や電力の需要が急減したためだ。エコノミック・タイムズ(電子版)が1日に伝えた。 同条項は災害や暴動など、契約当事者が制御できない事態が…

関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

累計感染者は240人、帰国者感染が増=7日朝(16:11)

印からの帰国者2人感染、累計236人=5日朝(16:11)

日印連携、コロナで加速期待 投資誘致し製造・輸出ハブへ(06/05)

現代自のオンライン販売、主力製品はSUV(06/05)

ルノー、本年度に最大15%の賃上げを計画(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

ガス公社とEESL、エネルギー事業で提携(06/05)

リアルタイムの電力取引市場、正式始動(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン