首都移転投資で起死回生へ、ソフトバンクG

【共同】投資先の経営不振や破綻が相次ぎ逆風下のソフトバンクグループが、インドネシアの首都移転計画への投資を巡りジョコ政権と交渉を進めている。巨額の費用で実現に疑問の声が上がる中、巨大投資で起死回生を狙う。 「スマートシティー、最新テクノロジー、クリーンシティー…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜日の午前7時半。ジ…(09/29)

タブレット、LED需要堅調 コロナ禍で在宅時間伸び(09/29)

航空業界、旅客回復に3年か(09/29)

ANAの成田4便と羽田運休、11月も継続(09/29)

チカンペック高速道、西ジャワ方面交通規制(09/29)

儒鴻、インドネシア工場の建設に追加投資(09/29)

来月6~8日にゼネスト、オムニバス法反対(09/29)

政府が電気料金一部肩代わり、財務相令施行(09/29)

石化TPPI、東ジャワ精油所の拡張着工(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン