車産業の長期政策議論、30年以降成長へ=経産省

【共同】経済産業省は31日、2030年以降の長期的な自動車産業の政策を検討する有識者会議の初会合を開き、電動化や自動運転など「CASE(ケース)」と呼ばれる次世代技術の確立後も成長するための仕組みづくりについて議論した。 ITや人工知能(AI)の活用による社会の変化…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国者数が過去最低、4月は748人(06/06)

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

テイクオフ:作家の三島由紀夫が住ん…(06/05)

日印連携、コロナで加速期待 投資誘致し製造・輸出ハブへ(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

台塑生医、コロナ検査キットを開発(06/05)

トヨタ、新型「フォーチュナー」など発表(06/05)

日鉄エンジ、廃棄物発電に向けた調査を実施(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン