【コロナアンケート】新型コロナで「売上減」61% 在宅勤務は6割、勤怠管理に苦心

世界中で感染拡大が続く新型コロナウイルスは、アジアの日系企業にも大きな影響を与えている。NNAが3月26~29日にかけて、東南アジアとインドの日系企業730社に実施したアンケートでは、60.5%が「今年に入ってからの売り上げが前年同期より減った」と回答している。6割の企業…

関連国・地域: 香港韓国タイベトナムミャンマーカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(13:33)

アバディLNG開発、供給先確定は来年か(14:25)

タクマオの上水整備、JICAが34億円支援(06/04)

徴収代行Payooが1万店に拡大 「非現金」の流れ、取り込み強化(06/04)

データセンターに太陽光発電 NTT子会社、需要増で事業拡大(06/04)

中国の情報にWHO不満か、新型コロナ(06/04)

日系自動車各社の対応二分 「生産再開」と「停止継続」(06/04)

経済活動の制限継続に懸念 日系関係者ら、入境制限延長で(06/04)

日本人学校もPC1人1台、オンライン学習支援(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン