【危機の東南ア、コロナ最前線】封じ込め、なりふり構わず 宗教・伝統も制限で高まる閉塞感

東南アジア各国が3月半ば以降、入国規制や移動制限の大幅な強化に雪崩を打っている。新型コロナウイルス感染症の封じ込め策は、突然の「鎖国」や「封鎖」に加え、集団礼拝や伝統行事の中止など、宗教・文化の領域にまで及び始めた。 24日現在、東南アジア諸国連合(ASEAN…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ブルネイASEAN
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空が在留邦人の帰国便を運航へ(04/02)

【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で(04/02)

制限令フェーズ2開始で混乱 長期化にキャッシュフロー不安も(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

ベトナムも外出規制、在宅勤務勧める(04/02)

医療従事者も感染、計1000人(1日)(04/02)

SBI、子会社が商銀ライセンス取得(04/02)

3月の新車販売9.3%減、新型コロナで客足鈍化(04/02)

労働許可証での入国、帯同家族は認められず(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン