電子商取引サイト、活動制限で需要拡大

新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込む目的で18日から全土の活動制限が始まったマレーシアで、オンライン小売業の需要が拡大している。電子商取引(EC)事業者は、活動制限令下で通常サービスの維持に努めている。19日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 シンガポール系EC…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

2QのGDPは17.1%減、11年ぶりマイナス(18:20)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(13日)(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

不動産ティティジャヤ、医療関連事業参入へ(08/14)

当局への報告なき解雇が増加、法的措置も(08/14)

2Qの労働需要、前期比2.1%減の838.3万人(08/14)

コロナ対策2法案提出、契約不履行免責など(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン