• 印刷する

インドの共用オフィス、大手の利用進まず

インド国内の共用オフィス(コワーキングスペース)は、従来型のオフィスに比べ賃料が節約できるにも関わらず、世界的な大手企業の利用が進んでいないようだ。市中心部の商業地区だけでなく郊外でも大企業による共用オフィスの利用が進む欧州各国とは対照的だという。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が伝えた。

不動産サービス大手アナロック・プロパティー・コンサルタンツが報告書で指摘した。要因に挙げるのは、利用に伴う制約だ。食事を取ったり、催しを開いたりするスペースが欠如しているという。

他国同様、インドの共用オフィスの賃料は従来型のオフィスと比べて安い。アナロックによると、主要都市の中で価格差が最も大きいのは西部プネで、1席当たりの平均月額賃料は従来型オフィスの1万~1万2,500ルピー(約1万4,000~1万7,500円)に対し、共用オフィスは5,000~1万ルピーとなっている。

価格差が最も小さいのは北部グルガオンで、従来型オフィスの9,500~1万5,000ルピーに対し、共用オフィスは9,000~1万4,000ルピーだという。アナロックは、グルガオンの価格差が小さいのは新興企業や若手起業家からの共用オフィスに対する需要が特に大きいことが要因だと指摘する。


関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

日印連携、コロナで加速期待 投資誘致し製造・輸出ハブへ(06/05)

現代自のオンライン販売、主力製品はSUV(06/05)

ルノー、本年度に最大15%の賃上げを計画(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

ガス公社とEESL、エネルギー事業で提携(06/05)

リアルタイムの電力取引市場、正式始動(06/05)

欧インフラA&M、ムンバイメトロに投資(06/05)

ローン不履行に6カ月の猶予、政府が導入へ(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン