1月の輸入車販売16%減、火山噴火で停滞

フィリピンの自動車輸入・流通業者連合(AVID)は、2020年1月の輸入車販売台数が前年同月比16.2%減の5,433台だったと発表した。首都マニラ南方のタール火山が噴火したことで、周辺に集積する自動車工場に降灰が積もり、完成車の在庫にも影響が出たことが下押し要因となった。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/25)

政府、成長率見通し引き下げ 22年7.0~8.0%、米利上げを警戒(05/25)

大統領、次期政権は「原発活用を」(05/25)

ビコール地域、最低賃金1日55ペソ上げ(05/25)

オミクロン派生型、外出制限の厳格化不要(05/25)

外国商議所、RCEP早期批准を要請(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

IT機器販売アプソン、上場を申請(05/25)

ジョリビー会長ら、投資サービス立ち上げ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン