外国人実習生360人が来日できず、農作業支障恐れ

【共同】全国農業協同組合中央会(JA全中)は6日、新型コロナウイルスの感染拡大で、北海道や茨城県など少なくとも9道県で計約360人の外国人技能実習生が予定通りに来日できず、農家への受け入れの見通しが立っていないと発表した。レタスやキャベツの産地で植え付け作業などに…

関連国・地域: 中国ベトナムカンボジア日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

豪の渡航解禁先、7月からNZと太平洋諸国か(18:10)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(22:31)

現代自とソニー提携、映画で技術アピール(18:27)

久原本家、越事業を強化へ 工場設立でBtoB増加を視野に(05/28)

日産連合が新型車費40%減、ルノー会長統合否定(05/28)

消毒サービスに参入続々 日系も開始、トンネル型が人気(05/28)

日本から駐在員など400人足止め、制限令で(05/28)

縫製品の材料輸入5%減、コロナ禍で受注減(05/28)

ゴーン流決別し生き残り、けん引役不在で迷走も(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン