• 印刷する

テイクオフ:「通常営業を再開します…

「通常営業を再開します」。広州でなじみの日本料理店から連絡が届いた。「店内での飲食禁止」という居酒屋にとって致命的な規制がようやく解けた喜びが文面からにじみ出ている。

肺炎の影響を最も受けた産業の一つが飲食業であることは間違いない。出前や持ち帰りの比率が小さいレストランでは、春節(旧正月)から約1カ月分の売り上げがほとんど消えてしまったことだろう。感染の拡大が抑えられてきたことで、中国の生活は日常を取り戻しつつある。

なんとか非常事態を乗り切ったお祝いに、できれば今夜にでも飲みに行ってあげたい気持ちはある。とはいえ、多くの客が笑い合う店内で何時間もマスクを外して過ごすことに抵抗がないと言えばうそになる。「安全」と「経済」の両立を巡る葛藤は、政府レベルだけでなく我々消費者自身の問題でもあるようだ。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

無症状感染者60人増、うち7人は海外から(04/03)

清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調(04/03)

中古車と廃車の法規改定、消費促進へ商務省(04/03)

2月の中古車取引、前月比9割減(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

アフリカ豚熱の流行下火、今年は6件(04/03)

公共交通を電気自動車に、35年に全面導入(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン