• 印刷する

《安全》新型肺炎の感染20人に、初の死者

台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心は16日夜、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染者を新たに2人確認したと発表した。台湾での感染者は20人となった。このうち1人は死亡した。台湾での死亡者は初めて。

死亡したのは台湾中部に住む60代の男性で、B型肝炎と糖尿病の持病があった。1月27日にせきの症状が出て、2月3日に受診したが、肺炎と判断された。その後も入院していたが、肺炎と敗血症の合併症により15日夜に死亡した。出境歴はなく、既に確認された感染者との濃厚接触者でもなかった。

自由時報などによると、男性は配車サービスの運転手で、顧客の中には中国や香港、マカオへの渡航歴があった。

もう1人は亡くなった男性の50代の弟で、15日に行った検査で感染が確認され、隔離治療を受けている。現在症状は出ていないという。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:清明節の連休4日間はほ…(04/06)

コロナが新車販売押し上げ 3月は15%増の3.7万台(04/06)

3月の二輪車販売5%増、2カ月連続プラス(04/06)

富士康、5Gアイフォーンの秋投入に準備(04/06)

ラーガンの3月売上高、約4割増の54億元に(04/06)

POSの振樺電子、レノボと香港に合弁会社(04/06)

マスク習慣ない欧米で激増、日韓は緩やか(04/06)

TSMCが再生水工場を建設へ、民間企業初(04/06)

佳世達グループ、セキ瑪科技を傘下に(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン