• 印刷する

《安全》新型肺炎の感染20人に、初の死者

台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心は16日夜、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染者を新たに2人確認したと発表した。台湾での感染者は20人となった。このうち1人は死亡した。台湾での死亡者は初めて。

死亡したのは台湾中部に住む60代の男性で、B型肝炎と糖尿病の持病があった。1月27日にせきの症状が出て、2月3日に受診したが、肺炎と判断された。その後も入院していたが、肺炎と敗血症の合併症により15日夜に死亡した。出境歴はなく、既に確認された感染者との濃厚接触者でもなかった。

自由時報などによると、男性は配車サービスの運転手で、顧客の中には中国や香港、マカオへの渡航歴があった。

もう1人は亡くなった男性の50代の弟で、15日に行った検査で感染が確認され、隔離治療を受けている。現在症状は出ていないという。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

台プラ4社、7月売上高は全社前月比プラス(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン