• 印刷する

《安全》新型肺炎の重症率、湖北以外では7.2%に低下

中国国家衛生健康委員会は16日に開いた新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大防止に向けた取り組みを説明する会見で、感染者に占める重症者の比率が低下していると明らかにした。感染の中心地である湖北省を除外した場合、「重症率」はピークだった1月27日の15.9%から、2月15日には7.2%に改善している。

湖北省武漢市の重症率は1月28日の32.4%から2月15日に21.6%に、同省のその他の市では1月27日の18.4%から2月15日に11.1%に下がっている。

同委の米鋒報道官は、医療体制の強化を中心とした全国各地での防疫対応が効果を上げていると説明した。同委疾病予防制御局の周宇輝副局長は国内で取られているその他の防疫対応として、感染多発地域から戻った人への追跡調査、野生動物の捕獲や取引の取り締まり、交通機関での検温や消毒、文化活動の制限などを挙げた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの死者2人増、累計3335人に(16:34)

中国国境での輸出がまた減少 3月末は2割減、タイ国境は活況(04/09)

テイクオフ:「熱乾麺がんばれ」とい…(04/09)

3月輸出は前年比で小幅減に 前月から1割増、電子部品下支え(04/09)

武漢から7万人が出発 封鎖解除初日、移動増で再流行懸念(04/09)

新たなNEV発展計画、産業てこ入れ期待(04/09)

中国車、流入に追い風要因も(04/09)

施設で唾液提出、空港の全入境者に義務付け(04/09)

NEV参入規定の草案を修正、一転緩和へ(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン