自動車大手6社が損益悪化、米中摩擦で販売低迷

【共同】自動車大手7社の2019年4~12月期連結決算が13日、出そろった。米中貿易摩擦の影響で世界的に販売が低迷し、純損益はトヨタ自動車を除く6社で悪化し、減益や赤字転落となった。米国と並ぶ巨大市場の中国では新型コロナウイルスの感染拡大が生産のブレーキとなり、さらな…

関連国・地域: 中国インド日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

三菱商とALSOK、ビル管理の合弁設立(14:44)

民間機の着陸禁止、空路封鎖 帰国の日本人多数足止めか(03/30)

外国人への観光ビザ発給停止、1カ月間(03/30)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

テイクオフ:「ダナン発最終便」とい…(03/30)

自動車各社が相次ぎ生産停止 ホンダは4月末まで、需要縮小で(03/30)

ANAの成田直行便、4月12~24日は運休(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

国際線運航、1社週1便に制限(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン