運輸省、新型肺炎で航空会社に優遇策実施へ

インドネシア運輸省は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の流行で中国への運航が停止するなど経済的損失を受けた国内の航空会社に対し、減税措置や着陸料の引き下げなどの優遇策を付与する方針だ。詳細は検討中としているが、国内線で最大21%、国際線で最大30%まで…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタから日本に向…(04/06)

スズキといすゞも工場停止 需要減や感染懸念、新型コロナで(04/06)

2月の生産台数は9%増、2カ月連続で増加(04/06)

外出時は必ずマスク着用を、政府が呼び掛け(04/06)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/06)

大規模社会的制限の指針、保健相令を公布(04/06)

2020年の成長率予測は3%、ムーディーズ(04/06)

政府、コロナ禍で医療廃棄物処理の対策急ぐ(04/06)

丸紅がデジタル母子健康手帳サービス開始(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン