主要5港売上高、貿易摩擦・バーツ高で減収

タイ港湾公団(PAT)は、本年度(2019年10月~20年9月)の第1四半期(19年10~12月)における主要5港(バンコク港、東部レムチャバン港、北部チェンセン港、チェンコン港、南部ラノン港)の売上高が前年同期比3%減の36億2,600万バーツ(約127億7,000万円)だったと発表した…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1人、死者1人を確認(2日)(15:32)

テイクオフ:取材で商業施設の営業再…(06/02)

電子部品1Q決算、2.6%減益 コロナ影響もバーツ安で耐える(06/02)

新規感染1人、7月にタイ正月振替か(1日)(06/02)

新型コロナへの警戒心緩まる=NIDA調査(06/02)

デング熱感染者、1~5月は1.4万人(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン