• 印刷する

ミャンマー日本祭、食や歌の舞台でにぎわい

日本とミャンマーの交流イベント「ジャパン・ミャンマー・プエドー2020」が9日、最大都市ヤンゴンで開催された。運営を支えるスポンサー企業は37社となり、日本の文化や食を楽しむ大勢のミャンマー人でにぎわった。舞台ではミャンマーの音楽ストリーミングアプリで首位となっている平原綾香さんと森崎ウィンさんのデュエット曲が披露され、観客が一緒に口ずさんだ。

日本の官民ファンド「クールジャパン機構」(東京)が、現地メディア大手と合弁で設立した「ドリーム・ビジョン」などが主催。今年は、三菱商事、キリンホールディングス(HD)の現地合弁会社であるミャンマー・ブルワリー(MBL)、トヨタ、スズキ、イオンなどがスポンサーになった。

平原さんと森崎さんのデュエット曲は、2月からミャンマーで放映される森崎さん出演の連続ドラマの主題歌。平原さんが初めて作詞作曲したミャンマー語の歌で、日本でも日本語歌詞でのリリースが予定されている。平原さんが「アーロンゴー・チッ・テー(ミャンマー語で「皆さん、愛しています」の意味)」と呼び掛けると、観客からは歓声とともに同じ言葉が返った。

主催者によると、イベントには終日で約1万3,000人が来訪。新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大が懸念されていることもあり、来訪者数が過去最高の2万人になった昨年より減ったが、地方都市からの参加者もあり、イベントの定着ぶりをうかがわせた。おにぎりや焼き鳥などの和食や即席麺を提供するブースでは、家族連れや若者のグループが日本の味を楽しんだ。

平原綾香さんと森崎ウィンさんのステージでは、たくさんのミャンマー人が一緒に口ずさんだ=9日、ヤンゴン(NNA)

平原綾香さんと森崎ウィンさんのステージでは、たくさんのミャンマー人が一緒に口ずさんだ=9日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

車両関税率を引き下げ、コロナ打撃緩和で(08/04)

紛争地のネット、1年余ぶり限定的に再開(08/04)

イオンモール23年開業へ、ミャンマー政府認可(08/04)

感染確認4日連続なし、累計353人=3日朝(08/04)

運転免許試験、陸運当局が8月から再開へ(08/04)

高速道やコロナ対策、ADBなどから融資(08/04)

シャン州で、8月初旬にもコロナ検査開始(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン