東南ア、対米黒字が2割増 越・ミャンマーに貿易摩擦の恩恵

2019年の東南アジア諸国連合(ASEAN)の対米貿易黒字は、総額1,199億5,000万米ドル(約13兆1,700億円)で、前年から21%拡大した。ベトナムの家具やミャンマーの旅行用品など、米国が中国に課した制裁関税の対象製品が大幅に伸びた。またマレーシアでは、中国からの生産移管で…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンブルネイASEAN米国
関連業種: 自動車・二輪車繊維その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染で死者2人目、累計22人=8日朝(13:34)

大型投資フォーラム中止、誘致額4割減も(13:33)

コロナ禍で宅配自転車が急伸 生活・雇用の救世主になるか(04/08)

感染者22人に、新たに米国帰り女性=7日朝(04/08)

コロナ対応の緊急融資、第一弾は400社対象(04/08)

ヤンゴンとバゴー管区、4工場でマスク生産(04/08)

10月~3月20日までの輸出、13%増(04/08)

韓国政府、外資縫製工場への支援も要請(04/08)

通信最大手、利用料下げ映画200本を無料化(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン