南部の白身魚、アジア出荷増 越産「万能ナマズ」の出世(上)

メコン川下流のベトナム南部から世界に、食用として出荷される淡水魚が存在する。「パンガシウス」と呼ばれるナマズの一種で、同国の水産物輸出でエビに次ぐ第2位の主力産品だ。1990年代の米国への輸出開始を契機に養殖産業が大規模化し、世界の出荷先を広げ、近年は中国をはじめ…

関連国・地域: 中国ベトナム日本ASEAN米国中南米欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1587人、前日から128人減=20日(00:56)

検査試薬不正、保健相処分へ コロナ禍を悪用、全国で摘発(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

国家証券委のズン委員長解任、党中央検査委(05/20)

米アップル、ベトナムでの調達拡大を検討(05/20)

ビンG、国際市場で5.3億ドル社債発行(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン