新型肺炎対策で特別委設置、渡航中止勧告も

ラオス政府は27日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることを受け、対策に当たる特別委員会を設置した。28日には外務省が、新型肺炎が発生している地域への渡航を控えるよう勧告した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が29日伝えた。 特別委…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国内の新型コロナ感染者、8人に(03/30)

首相が在宅勤務を勧告、新型コロナ対策で(03/30)

中国、新型コロナ対策で検査キットなど寄贈(03/30)

ラオス・カンボジア行きのバス、運行休止(03/27)

タイから帰国の労働者、故郷へ移送急ぐ(03/26)

【ラオス経済通信】1000億キープのSME融資を開始へ 第147回(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン