パーム油の密輸防止、分子解析技術を導入

タイのソンティラット・エネルギー相は、パーム原油(CPO)の密輸防止に向けて2つの対策を打ち出した。1つはCPOの分子構造を解析する技術で、2四半期(4~6月)にも導入する。1月1日付でパーム油10%混合のバイオディーゼル燃料「B10」を軽油の標準品としたことから…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:玉のこしに乗り損ねた過…(02/25)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

1月の輸出3.4%増、6カ月ぶりプラス成長(02/25)

メルセデスベンツ、21年からタイでEV生産(02/25)

NESDC、輸出2%成長へ5政策を提案(02/25)

国道局、東部のモーターウエー整備を推進(02/25)

プルックサー、20年は新規30件で増収確保(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン