【労働関係法の基礎知識】第94回:シンガポールの労働安全・衛生 (その7)

前号では職場安全・衛生法(WSHA)の下で、職場安全・衛生を確保する責任を課されているステークホルダー(利害関係者)である元方事業者(principal)の義務について触れました。今号では、ステークホルダーの1人でもある自営業者(Self-Employed Person)や仕事中の者(Per…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

国内製造業、10年で5割成長必要=貿産相(17:53)

南洋大、全学生にインターンシップ義務付け(18:05)

シンガポール伊勢丹、商業施設の売却検討か(17:53)

デジタル監査確認、DBS銀が提供開始(17:55)

有料自動運転バスの試験運用、2カ所で開始(17:53)

初の高齢者専用公営住宅、西部で建設へ(17:53)

新規感染14人、全て海外渡航者(26日)(17:53)

テイクオフ:子どもの頃、両親に連れ…(01/26)

【年始インタビュー】新型コロナで変わる人事施策 日系の現地化見通しと人材戦略(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン