• 印刷する

《安全》新型肺炎、保健省が渡航者に注意呼び掛け

インドネシア保健省は、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が多発していることを受け、肺炎の発生が確認された国や地域への渡航に注意を呼び掛けている。21日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

保健省は3日から中国などへの渡航に注意を呼び掛けると同時に、旅客と接触する空港職員にはマスクの着用を勧めるなどの対策を取っている。

同省疾病対策局のアヌン・スギハルトノ局長は「ウイルスの流入を阻止するために検疫を強化している」と説明。中国から到着する全ての旅行客に、健康状態に関する質問票への記入を義務付けたことを明らかにした。

首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港のアナス保健所長によると、国内135カ所の入国ポイントでは、体温感知器の配備が全て完了している。

中国では、新型肺炎の累計感染者数が20日午後6時までに224人となり、3人が死亡したことが分かった。中国以外では、タイ、日本、韓国で感染者が確認されている。中国は春節(旧正月)の連休を控えているため、新型肺炎の感染拡大が懸念されている。


関連国・地域: 中国韓国タイインドネシア日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(11:17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(16:35)

所得税減税や優遇の一本化へ オムニバス税法、識者に聞く(下)(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

政策金利引き下げ、新型肺炎の影響を懸念(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

パナソニック、家庭用エアコンを初輸出(02/21)

JNTO、初のオンライン旅行フェアを開催(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン