• 印刷する

テイクオフ:日本からシンガポールに…

日本からシンガポールに遊びに来た友人らとともに、シンガポール国立博物館を訪れた。地下1階、地上3階建ての広い館内には、歴史的な書物や写真、食器、衣服などが数多く展示されている。

事前に現地の知り合いから「全部見て回るのに3時間はかかるとみておいた方がよい」と言われていたが、どの展示物も見応えがあるものばかりで、その日は結局4時間ほど滞在してしまった。ラッフルズ卿に発見される前の時代から、第一次大戦時、日本占領期、マレーシアからの独立時、現代に至るまでのシンガポールの歴史や文化を一気に学ぶことができた。特に建国の父であるリー・クアンユー初代首相が涙ながらに独立を発表する動画は印象的だった。

平日には、日本語の無料ガイドツアーがあると聞いた。時間を見つけて、平日にゆっくりと足を運ぶのもよいかもしれない。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

銀行とフィンテック企業の支援、当局が強化(15:04)

大手3行、新型コロナ絡みの解雇はせず(14:57)

国際仲裁センターの取扱件数、昨年は過去最多(14:55)

デジタル銀行の免許付与、年内発表に延期(14:51)

過去最多287人感染、計1910人(9日)(00:13)

外国人労働者の宿舎、軍投入で感染対策強化(04/09)

友人同士で外出も違法=大臣が強調(04/09)

UOB銀のCEO報酬、19年は1.8%増(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン