ゴーン被告の公判4月に、刑事責任どう認定

【共同】金融商品取引法違反の罪に問われ、保釈中に逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の公判分離が16日、決まった。東京地裁は共に起訴された側近の元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(63)と法人としての日産の公判を、4月にも始める方針を維持。主役が不在…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

【ウィズコロナ】ビジネスのデジタル化が前倒し トレジャーデータ、CDPに順風(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン