ゴーン被告の公判4月に、刑事責任どう認定

【共同】金融商品取引法違反の罪に問われ、保釈中に逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の公判分離が16日、決まった。東京地裁は共に起訴された側近の元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(63)と法人としての日産の公判を、4月にも始める方針を維持。主役が不在…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

SBI、車両販売業者への貸付ファンド組成(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本企業だからこそ、 外国人材の個性を組織活性化につなげよ(01/23)

テイクオフ:当地で歌手やタレントと…(01/23)

19年の自動車生産は7%減 輸出向け不振、200万台は達成も(01/23)

ヤンゴンの下水道整備、円借款で推進へ(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

新興290社、日本進出に意欲 ジェトロが2都市でセミナー初開催(01/23)

国際組織、貿易文書電子化で政府・企業と提携(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

トヨタ米州で342万台リコール、ホンダも(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン