低硫黄燃油の義務化で物流コストが2割増も

インドネシアの独立系団体サプライチェーン・インドネシア(SCI)は、国際海事機関(IMO)が今年から硫黄含有量の少ない船舶用石油(MFO)の使用を義務付けたことで、海運会社がサーチャージ(割増料)を適用し、物流コストが約20%も膨らんでいるとの調査結果を明らかに…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

テイクオフ:「グラマラス(優雅な)…(01/28)

【この人に聞く】効率アップで社員の意識改革 NTTデータ、RPA販売に本腰(01/28)

二輪車販売台数は2年連続で増加、協会発表(01/28)

ホンダ四輪、現調率引き上げなどに410億円(01/28)

グラブ、首都空港でEV配車サービス開始(01/28)

ガルーダ航空、名古屋便を3月29日で運休(01/28)

プリオク港の高速道路、過積載取り締まり(01/28)

トランスジャカルタ新社長、突然の就任中止(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン