ボーイング新CEO就任、「信頼回復」訴え

【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは13日、カルフーン会長が最高経営責任者(CEO)に就任した。最新鋭機「737MAX」の2度の墜落事故を機に、安全を軽視するような企業体質が露呈し、批判が拡大している。未曽有の経営危機で登板したカルフーン氏は声明で、「消費者…

関連国・地域: 日本米国
関連業種: その他製造運輸


その他記事

すべての文頭を開く

19年訪日香港人、過去最高の229万人に(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

政府系ファンドで200億ドル調達へ=大統領(01/17)

ホンダ二輪、19年は491万台 シェア7割超、主力新モデル投入(01/17)

テイクオフ:「はどーけん!」背後か…(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

人材派遣コプロ、海外初拠点(01/17)

【アジア三面記事】黒か白か(01/17)

NEW ART、東南ア初拠点(01/17)

日新電機が技能実習生受け入れを支援(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン