ボーイング新CEO就任、「信頼回復」訴え

【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは13日、カルフーン会長が最高経営責任者(CEO)に就任した。最新鋭機「737MAX」の2度の墜落事故を機に、安全を軽視するような企業体質が露呈し、批判が拡大している。未曽有の経営危機で登板したカルフーン氏は声明で、「消費者…

関連国・地域: 日本米国
関連業種: その他製造運輸


その他記事

すべての文頭を開く

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

解放の北角さん、全日空便で成田に到着(05/14)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

【アジア三面記事】学友3人救った青年(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン