19年貿易額が3年ぶり減少 米中摩擦響く、ASEANは拡大

中国税関総署は14日、2019年の貿易総額が前年比1.0%減の4兆5,753億310万米ドル(約503兆6,500億円)だったと発表した。米国との貿易摩擦が響き、3年ぶりのマイナス成長となった。対米が輸出入とも大きく落ち込んだ一方で、東南アジア諸国連合(ASEAN)との貿易が拡大し、中…

関連国・地域: 中国-全国日本ASEAN米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(11:44)

保健省、武漢市への渡航自粛呼びかけ(13:35)

テイクオフ:春節(旧正月)を前に、…(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

新型肺炎が拡大、発症者440人 13省区市で確認、死者9人に(01/23)

新型肺炎、香港で高度の感染疑い(01/23)

肺炎でマスク需要急増、メーカーは続々増産(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

武漢旅行キャンセル、観光業界は柔軟に対応(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン