大林組が海外で農業、年100トン目標

大林組は14日、シンガポールの投資会社ガラント・ベンチャーと共同で、インドネシアのビンタン島で農業事業を手掛けると発表した。環境に配慮した社会作りを推進する経営計画の一環で、大林組にとっては農業分野で初めての海外展開となる。農業とITを融合した「アグリテック」を…

関連国・地域: シンガポールインドネシア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

診療所949カ所、旧正月中も営業(18:11)

シンガポール人就業率、10年で4ポイント上昇(17:27)

HSBC、法人向けグリーン預金口座を導入(17:26)

SRXとAIG、敷金代わりの保険商品発売(16:32)

地場コンタクトレンズ会社、リサイクル制開始(16:27)

小売店舗賃料、2四半期連続で上昇(15:51)

保健省、武漢市への渡航自粛呼びかけ(13:35)

テイクオフ:日本からシンガポールに…(01/23)

独化学大手が農薬工場設置へ 37億円投資、ア太シェア2倍狙う(01/23)

国際組織、貿易文書電子化で政府・企業と提携(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン