• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕NZのバンジーは知財侵害?バヌアツが主張

ニュージーランド(NZ)のバンジージャンプ施設運営会社AJハケットに、太平洋島しょ国の一つであるバヌアツが、知的財産権の侵害で補償を求める可能性が浮上している。バヌアツ議会は、伝統的知識や文化の知的財産権を保護し、国民に経済的恩恵などをもたらす法案を検討しており、特にバンジージャンプに言及している。ラジオNZが伝えた。

バヌアツ議会は、自国民の伝統文化が無料で使用されていることに対する補償を可能にしたい考え。成立すれば、自分たちの伝統文化が侵害されている場合に、補償請求を行える機関が設置される見込みだ。ただ、法律はバヌアツ国内のみで有効となり、AJハケットへの補償請求は難しいとの見方もある。

AJハケットは、バンジージャンプの由来について、バヌアツのペンテコスト島で行われる儀礼に一部関係しているとしている。


関連国・地域: ニュージーランドその他大洋州
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:11月は男性の健康問題…(11/26)

豪、技能ビザ保有者に永住権 2万人対象、人手不足深刻(11/26)

NSW、接種率95%達成時の規制を追加緩和(11/26)

VIC医療従事者がストか、コロナ検査影響も(11/26)

中銀デジタル通貨で即時取引可に=RBA(11/26)

中国、日本に五輪支持要求(11/26)

豪銀勢力図に変化、マッコーリーがANZ抜く(11/26)

電気代が24年までに6%低下、再生エネ増で(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン