• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕NZのバンジーは知財侵害?バヌアツが主張

ニュージーランド(NZ)のバンジージャンプ施設運営会社AJハケットに、太平洋島しょ国の一つであるバヌアツが、知的財産権の侵害で補償を求める可能性が浮上している。バヌアツ議会は、伝統的知識や文化の知的財産権を保護し、国民に経済的恩恵などをもたらす法案を検討しており、特にバンジージャンプに言及している。ラジオNZが伝えた。

バヌアツ議会は、自国民の伝統文化が無料で使用されていることに対する補償を可能にしたい考え。成立すれば、自分たちの伝統文化が侵害されている場合に、補償請求を行える機関が設置される見込みだ。ただ、法律はバヌアツ国内のみで有効となり、AJハケットへの補償請求は難しいとの見方もある。

AJハケットは、バンジージャンプの由来について、バヌアツのペンテコスト島で行われる儀礼に一部関係しているとしている。


関連国・地域: ニュージーランドその他大洋州
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージー知人宅でブラウ…(03/27)

既に5万人失業、今後も増加か 失業率6月に11%超も(03/27)

豪カジノで2万人超失職へ、コロナ関連規制で(03/27)

豪炭鉱の拡張推進、失業の受け皿に=政府(03/27)

豪NZ、5カ国と緊急時の貿易制限解除で合意(03/27)

〔政治スポットライト〕日豪首相、感染症対策連携で一致(03/27)

豪NZ五輪委、延期でスポンサー契約見直し(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン