• 印刷する

デュポンが投資、EUVレジスト生産へ

産業通商資源省はデュポンの対韓投資が確定したと発表。中央は、成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源相=8日(現地時間)、米サンフランシスコ(同省提供)

産業通商資源省はデュポンの対韓投資が確定したと発表。中央は、成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源相=8日(現地時間)、米サンフランシスコ(同省提供)

米化学大手デュポンが、韓国でEUV(極端紫外線)向けフォトレジスト(感光剤)の開発・生産に乗り出すことが9日分かった。韓国産業通商資源省によると、同社は2,800万米ドル(約30億4,000万円)を投じ、2021年までに忠清南道天安市に工場を建設する。既に大韓貿易投資振興公社(KOTRA)には投資計画を申告している。

フォトレジストは半導体の製造に不可欠な素材で、シリコンウエハー上に回路を形成する際に使用される。日本政府は19年7月、半導体の性能を飛躍的に高める次世代技術のEUV向けフォトレジストの輸出管理を厳格化。同年末までに、それまでの個別許可から最長3年間は1件ごとに許可を取る必要のない「特定包括許可」に切り替えたものの、韓国政府は安定調達のため外資誘致に力を入れてきた。EUV向けフォトレジストは、対韓輸出管理が厳格化された半導体材料3品目の中でも国産化が困難であるとされる。

業界関係者によると、デュポンは投資先として、韓国よりも需要が大きい台湾も検討したものの「韓国の方が伸びしろが大きい」と判断したという。

ただ、「デュポンは後発組であるため同社製品が日本製品を代替するのは簡単ではない」との見方もある。前出の業界関係者は「製品を開発して製造ラインに投入するまでにはテストを何度も積み重ねなければならない。韓国産業通商資源省の発表は、脱日本依存が進んでいることを国民にアピールするパフォーマンス的な側面もあるのではないか」とコメントした。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 化学IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、半月ぶりの700人台(14:50)

テイクオフ:白ご飯と白菜キムチとキ…(05/13)

韓国の「脱石炭火力」に波紋 新規発電所、資金計画に狂いも(05/13)

27日からワクチン接種再開 外国人も対象、供給遅れ不安依然(05/13)

4月の乗用車販売26万台 前月比で10%減、第2波打撃(05/13)

コロナ新規感染者、4日ぶりの600人台(05/13)

市中感染82人増、日韓含むメーカーも(05/13)

4月就業者65万人増、6年8カ月ぶり高水準(05/13)

韓国大使館など、隔離期間の短縮を要請(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン